ANAカードでマイルを貯める倶楽部

ANAカード ポイントサイト SFC修行 スーパーフライヤーズカード

ANAカード

ANAカードをポイントサイト経由で作る具体的手順

更新日:

ANAマイルを貯めるために、ANAカードを作ることが必須です。でも、ANAカードなんてどこで作っても同じでしょ!?とお考えの方が多いですね。

しかし、それは大きな損していますよ!!

ANAカードをすでに作ってしまった人は知らぬが仏。しかし、これからANAカードを作ろうという方に、お得なANAカード作成方法を紹介します。

そのANAカード作成方法は、ズバリ「ポイントサイト経由でANAカードを作る」ということです。

ポイントサイトを経由することで結果的にたくさんのマイルが一気にもらえます。マイラーなら使わない手はありません!

 

ANAカードはポイントサイト経由で作るのが断然お得!マイルがたくさん貯まるので

カードに関する知識がないと、ほとんどの人はカードを作る=窓口や公式サイトで必要事項を入力したり用紙に必要事項を記入して準備する、という流れで行動するのではないでしょうか。確かに、そうしたところで申し込むと「加入ボーナスで最初からマイルをプレゼント」というキャンペーンがあります。しかし、ポイントサイトを経由することでマイルは数千という単位でもらえます。しかも、公式ルートで申し込む際のボーナスも一緒に貰うことができるんです。二度おいしいわけです!これは使わない手はないでしょう!普通に作る場合に比べて圧倒的にお得なんですから。

私も最初はマイル=カードを使って貯めていくためのものという認識で、作るときにマイルが貰えるなんてことは全く知りませんでした。だから、公式サイトを経由して普通にANAカードを作っていたんです。今思えば、オイシイ機会を逃してしまってもったいなかった・・・。

私のような被害者(?)を増やさぬよう、皆さんにはポイントサイトを上手く使ってカードを作る段階から多くのマイルを獲得して欲しいです。

どのポイントサイトでANAカードを申し込むのがお得なのか?お得なポイントサイトをリサーチ

最初からかなりプッシュされているポイントサイトですが、そもそもポイントサイトとは何者なのか?そこについて少し触れようと思います。

ポイントサイトとは、商品モニターをやったりアンケートに答えることで、ポイントサイト内でポイントを貯めるサイトの事です。このポイントは現金や他のカードポイントに変換することができます。

勘の良い方はお気づきかもしれませんね。ここで貯めたポイントがマイルに変換できるんです。また、ポイントサイトではANAカードをポイントサイト経由で作ることで大量のポイントサイト内のポイントを得ることができるんです。

これがポイントサイトを経由することでマイルをたくさんもらえる理由です。

では、ANAカードを申し込む時に一番得をするのは、どのポイントサイトから申し込んだ場合でしょうか?

これは明確な答えはありません。強いて言えば「日々正解が変わる」というのが答えでしょうか。というのも、ポイントサイトが設定するキャンペーン等が日々変動するので、昨日まで最も有効だった方法が明日も最善の方法とは限らないんです。

ANAマイルを貯めるためにマイラーが登録すべきポイントサイトはどれ?

ポイントサイトもたくさんありますが、どのポイントサイトを登録すれば良いかを考える必要があります。しかし、重要なのは「ANAマイルを貯めるのに有効なサイト」を選ぶことです。そのため、何十もあるポイントサイトの中から、ANAマイルに交換できるポイントサイトを選びます。

ANAマイルに交換できる主なポイントサイトは

ハピタス」「Gポイント」「GetMoney」「モッピー」「ちょびリッチ」「げん玉」「ポイントタウン」「ドットマネー」「PeX

などが挙げられます。

これらの中から、ANAカードごとに、どのポイントサイトが最もANAマイルがもらえるかを調べておけば、お得にマイルを貯めることができるわけです。

これらのポイントサイトの中で交換率の高いポイントサイト(10,000円分のポイントが9,000マイル以上、つまり90%以上の交換率できるお得なポイントサイト(いわゆるソラチカルート。後ほど説明))は、

ハピタス、Gポイント、GetMoney、モッピー、ちょびリッチ、ポイントタウン、PeX、予想ネット、ドットマネー

の9つのポイントサイトです。

私は、この中でも特にハピタス・ちょびリッチ・モッピー・ポイントタウン・ドットマネー

の5つのポイントサイトをメインに使っていますので、これら5つのポイントサイトは登録をおすすめします。

ハピタスへの登録はこちらから

ちょびリッチへの登録はこちらから

モッピーへの登録はこちらから

ポイントタウンへの登録はこちらから

ドットマネーへの登録はこちらから

この中には直接ポイントサイトのポイントをANAマイルに変換できますが、変換率が半分以下で、非常に交換効率が悪いです。

これを解消するのが、ソラチカカードです。ソラチカカードを使って、交換率を90%まで高めて交換率する方法を使いましょう(ただし、月間18,000マイルが最高)。

 

マイラー必携のANAカード「ソラチカカード」は、このポイントサイトから申し込む!

1枚目のカードは私も含めて、ANAマイラーのほとんどが「ソラチカカード」をオススメしています。

なぜなら、ソラチカカードを使えば、飛行機に乗らなくても、買い物をしなくても、ポイントサイトでポイントを貯めれば、効率的にポイントがマイルに交換できるからです。

ソラチカカードを使えば、たとえばハピタスで貯めた10,000ポイントを9,000マイルに交換できるのです。一方、ソラチカカードがなければ、10,000ポイントが5,000マイルにしか交換できないのです。貯めた10,000ポイントをマイルに交換する際、出来るだけロスを少なくポイントをマイルにしたいですよね。

この問題を解決してくれるのがソラチカカードです。ポイントを現金換算した場合の変換率90%は圧倒的な優秀さです。

ANAマイルを貯めている方で、まだ、「ソラチカカード」に申し込んでいない方は、まず最初にソラチカカードを作りましょう。

ソラチカカードは、残念ながら現時点ではポイントサイト経由で有効な方法はありません。ソラチカカードがポイントサイトでアツかったのは数年前まで、というのが現状です。

しかし、ソラチカカードでもマイルを貰える方法があります。それが「マイ友プログラム」を活用する方法です。

マイ友プログラムを活用すれば、最初から最低でも500マイルを貰うことができます。

詳細はSFC修行のページを参照ください。

 

ANAカードは最低2枚持つのが効率的!もちろん、ポイントサイト経由で

ANAカードを申し込む際、カードブランドやカードの種類によって、経由すべきポイントサイトは変わります。今回は

  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANAダイナースカード

の3つを紹介します。

陸マイラーに圧倒的な人気のANA VISAワイドゴールドカード、空マイラーにオススメANAアメックスゴールドカードとそれぞれに特色があります。皆さんの生活スタイルや貯め方に合ったANAカードを選びましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはこのポイントサイトでキャンペーン!

私も使っていますが、「ANA航空チケット」を購入するとマイルがガンガン貯まるのが、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」です。

ANA航空チケット公式サイトから購入すると、

100円につき「1ポイント」+「ボーナス1ポイント」+「ボーナス1マイル」が加算され、さらに搭乗マイルも一緒に貯まちゃいます。
つまり、航空券100円あたり3マイル+搭乗マイルが貯まるオイシイものです。

ですので、私もこの「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を使いまくって空の便を使う時はANAマイルを積極的に貯めています。

ANAアメックスゴールドをどのポイントサイトから申し込むとお得なのかは、下表のとおりです。

サービス名 金額換算 ソラチカ経由
ANAマイル換算
ハピタス 2,000円 1,800マイル
ちょびリッチ 2,000円 1,800マイル

本日時点では、ハピタスもしくはちょびリッチからの申し込みが一番お得なのがわかりますね。

 

ANAアメックスゴールドのハピタスでの申し込み方

(1)ハピタスもしくはちょびリッチに登録します。

ハピタスに登録するにはこちらから

ちょびリッチに登録するにはこちらから

(2)ポイントサイトのANAアメックスゴールドカードのページからカードを申し込んでください。

ハピタスのANAアメックスゴールドカードのページはこちら

ちょびリッチANAアメックスゴールドカードのページはこちら

 

これでOKです。もちろん、この前にマイ友プログラムを活用するとさらにマイルを上乗せすることが可能です。マイ友プログラムって使い勝手良いですね!こちらも活用しましょう。

 

ANA VISAワイドゴールドカードはこのポイントサイトでキャンペーン!

陸マイラー(飛行機に乗らないでマイルを貯める人)にとって、ANA VISAワイドゴールドカードが人気です。

その理由は「ANA VISAワイドゴールドカード」なら、「ソラチカ経由」と「リボ払い」の併用で、買い物100円につき、最大1.7マイル分のポイントが加算されるお得さからです。

飛行機に乗らずにANAマイルを貯めるカードが欲しいなら、ANA VISAワイドゴールドカードを選ぶのがテッパンです。

ANA VISAワイドゴールドカードを、どのポイントサイトで申し込むとお得なのかですが、現在はポイントサイトに有効な手段はありません。

そのため、ANA VISAワイドゴールドカードはマイ友プログラムを経由するのが最も良い方法でしょう。

ポイント獲得!ANA Diners Clubはこのポイントサイトがキャンペーン中だよ!

「ANAダイナースカード」を申し込むメリットは、将来「ANAダイナースプレミアカード」にアップグレードする点です。

将来「ANAダイナースプレミアカード」にアップグレードして買い物をすると「100円あたり2ポイント」もマイルが貯まるからです。

この買い物100円で2マイル貯まるカードは、ANAカードの中では効果がトップクラスですから、空マイラー・陸マイラー問わずにオススメのカードになります。

ただし、プレミアカードは招待制なので、最初は「ANAダイナースカード」の申し込みから始めて、カード利用の実績を積んでプレミアムカードの招待を待つことになります。

ANAダイナースカードも100円で1マイル相当のポイントが貯まりますし、アメックス同様付帯サービスが充実しているので買い物でマイルを貯めるスタイルを選ぶ方にはオススメの1枚です。

▼ANAダイナースカードはどのポイントサイトで申し込むべきか?

サービス名 キャッシュバック金額 ソラチカ経由ANAマイル換算
モッピー 7,000円 6,300マイル

本日時点では、モッピーのみが対象となっていました。

ANA ダイナースカードのちょびリッチでの申し込み方

(1)モッピーに登録する

モッピーへの登録はこちらから

(2)モッピーのANA ダイナースカードのページからカードを申し込む

モッピーのANA ダイナースカードのページはこちら

 

ポイント獲得!ANA VISA CARDはこのポイントサイトがキャンペーン中!

ANA VISAカードはどのポイントサイトで申し込むとお得なのか、表にしてみましたので参考にしてみてください。

サービス名 金額換算 ソラチカ経由
ANAマイル換算
ちょびリッチ 3,000円 2,700マイル
GetMoney! 3,000円 2,700マイル
モッピー 2,000円 1,800マイル
ポイントタウン 2,000円 1,800マイル

本日時点では、「ちょびリッチ」からの申し込みがお得です。

 

ANA VISAカードのちょびリッチでの申し込み方

(1)ちょびリッチに登録する

ちょびリッチへの登録はこちらから

(2)ちょびリッチのANA VISAカードのページからカードを申し込む

ちょびリッチのANA VISAカードのページはこちら

 

ANAカードをポイントサイトで作る具体的方法のまとめ(2017年9月4日現在)

ANAカードを申し込む時は、ポイントサイト経由で申し込まないと、数千マイルから数万マイルの機会損失が出ることがわかりました。

ポイントサイトでためたポイントをマイルに交換する方法はソラチカルートでの変換です。各サイトで貯めたポイントは「ドットマネー」に変換し、そこからメトロポイントを経由してマイルに変換する方法です。

各ポイントサイトからドットマネーへの変換は、実質ロスレスで変換できるので、変換率は90%を保つことができます。非常に大きいですよね。

カードによって、どのポイントサイトを経由するかの答えは日々変わります。そのため、カードを作ろうと思ったらまずはポイントサイト比較を意識しましょう。本サイトでも日々最適解を更新していきますね。

-ANAカード

Copyright© ANAカードでマイルを貯める倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.